求職者の方へ

前期臨床研修医募集

指導医・研修医からのコメント

指導医

成長する力のある医師を育てます。

大切なのは成長する力です。

当院の研修は少人数です。だからこそ当院のスタッフみんなであなたの成長を見守っていくことができます。医師の診療する力は多くのいいこと、悪いことの経験の積み重ねで出来上がっていきます。わたしたちスタッフも学習し続けています。わたしたちとともに成長していけるように、学習する力をつけることが必要です。研修の目標は成長する力をつけることだと考えています。面白いもの、珍しいものなどはいくら並んでいても通りすぎていくだけでは身につくとは思えません。当院は、高齢化する日本の縮図のような地域環境にあります。当地域のすべての疾患を診ることができます。どんな経験でもできます。とってきて、つかみとって自分の身につけてください。  また、当院で研修を終わられた後も、どの方面に進まれるとしても当院で身につけた成長する力をもって、更なる発展を遂げることができるでしょう。

臨床研修プログラム責任者
内科副病院長  厨子  慎一郎

 

研修医

〇研修医のコメント   

川西病院で研修して良かった、と思うことですが、第一に研修医が手技を経験させてもらえることが多いことです。手技はやればやるほど自信につながるので、これは本当にありがたかったです。第二に質問のしやすい環境です。担当症例に対して指導医の先生方は丁寧に教えて下さりますし、また、科と科の間で垣根が非常に低いため、他科の先生にも相談がしやすい環境です。症例レポートに関しても、ほぼ1年目で完成するなど、症例集めで苦労することはなかったです。第三にワークライフバランスの良さです。仕事のオンオフがはっきりしており、頑張るときには頑張る、休むときには休む、と気持ちの切り替えがしやすいです。他にもいろいろありますが、読んでいただいた方はぜひ一度見学に来てください。

〇研修医コメント

当院での研修を一言で表すなら、“自由”です。各科同士やその他コメディカルの垣根が低く、チーム医療を行いやすい環境にあります。指導に関してですが、基本的手技・診療についてベテランの先生方から丁寧な指導を受けることができます。大型病院のように多数の研修医がいないため、症例や手技の取り合いが起きません。ただ、自発的な学習が求められる環境です。自ら動けは、症例を持ち指導を仰げ、手技もさせていただけますが、積極的に動かなければ、得るものはなく日々が過ぎる可能性があります。初期研修は忙殺されず、一つ一つの症例を丁寧に診たいという方に良いと思います。

 

関連情報

Get ADOBE(R) READER(R)PDFファイルをご覧いただくためにはアドビシステムズ社が無料配布しているAdobe® Reader™(アドビ リーダー)が必要です。お持ちでないかたは公式サイトからダウンロードしてからご利用ください。