看護部

看護師からのメッセージ

診療看護師

診療看護師(Nurse Practitioner)とは
伏見 直記

診療看護師(以下NP)とは、「医師や他の医療従事者と連携・協同し、対象とする個々の患者の診療上および療養生活上のニーズを包括的に的確に評価し、倫理的かつ科 学的な根拠に基づき、必要とされる絶対的医行為を除く診療を自律して、効果的、 効率的、タイムリーに提供し、患者および患者家族の QOL の向上に係る看護師」と定められNP教育大学院にて修士課程を修了しNP資格認定試験を合格した看護師である。
医師不在時等においても迅速かつ安全な医療を提供できるよう、あらかじめ作成した手順書(※1)に沿って、特定行為(※2)をはじめとする診療行為を行うことが可能である。

※1手順書とは
医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書であり、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているもの。
> ※2特定行為とは
診療の補助行為であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる38行為21区分。

特定行為(38行為21区分)全て修了し大学院卒業後、NP資格試験に合格、2年間のNP研修期間を経て市立川西病院へ入職致しました。診療部へ所属し各診療科において入院から退院までの治療に総合的に介入しております。特定行為の実施だけではなく医師指示下にて相対的医行為の実施、病態アセスメントや説明、検査画像等のオーダー及び結果確認、チームコンサルテーション、カルテ記載、手術や検査の助手、病棟からのコール対応など活動内容は多岐に渡ります。
> 患者様の入院生活において、より満足度の高い医療を提供したいと考えており、チーム医療の一員として治療、看護を融合させた新しいアプローチが行えるよう日々研鑽しております。病院で見かけることがございましたらお気軽に何でも相談ください。