看護部

部署紹介

5階南病棟 (地域包括ケア病棟)

 

5階南病棟 福田 里子 師長

 5階南病棟は平成30年11月から地域包括ケア病棟になりました。
自宅への退院に不安のある患者様や、他施設への転院がすぐにできない患者様の為に、安心して退院・転院できるようスタッフと多職種が連携を密にし、支援していきます。毎日笑顔の絶えない明るい病棟です。

      

 

地域包括ケア病棟とは

 急性期治療を終了し、病状が安定した患者様、すぐに退院することへの不安のある患者様に対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。
 本来は一般病棟で症状が安定すると、早期に退院していただく事になっています。しかし在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者様の為に、医師、看護師、リハビリスタッフ、社会福祉士等が安心して退院していただけるよう支援していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 地域包括ケア病棟での入院期間は、患者様の状態に応じて調整いたしますが、60日を限度としています。

 

 

眼科手術について

眼科では白内障の手術がよく行われています。
白内障手術とは、濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入することです。
 

~入院の流れ~

《手術前日に入院》
   ↓                 
・眼科診察
   ↓
《手術当日》
・午前中に手術の場合は朝食を、午後の場合には
 昼食を控えます。
   ↓
・手術着に着替えます。
   ↓
・点滴をします。
   ↓
・手術1時間前・30分前・直前に散瞳させるための点眼を看護師が行います。
   ↓
・片方の眼が見えにくい状態になっているため手術室までは車椅子に乗っていきます。
   ↓
・手術後は眼球保護の為1日眼帯を装着します。
   ↓
《手術2日目に退院》
 

 

← 看護部TOPへ戻る