患者さんへ

診療科のご案内

緩和ケア外科

診療内容・特色

がん患者は身体的苦悩・精神的苦悩・社会的苦悩などさまざまな症状を持ちながら毎日を過ごしています。
がん治療を行う時も、がんに対する治療が及ばなくなった時も今必要なことは何かを共に考え、心身ともに苦痛のない生活を送るために寄り添い・支え合い患者を気遣い支援することを目標としています。
病気を理解・説明する医療から患者を理解する医療を実践し、きめ細やかな症状緩和ができるように地域の医療機関とも密接な連携を取っています。
緩和ケア外来診療では市立川西病院に通院している方だけでなく、他院に通院・入院している方の紹介を受けています。
緩和ケア病棟入院診療にはがんによる身体的・精神的苦痛があり、緩和ケアが必要と診断されていることや本人・家族が入院に同意していることが必要です。
病名や病状について本人が理解していることが望ましいのですが、抗がん治療や人工呼吸や透析による治療や併存疾患の治療が優先される場合は緩和ケア病棟では診療ができません。
「今日も生きていてよかった。」と思える生活を支える治療・ケアを目指しています。

緩和ケア担当 医師からの挨拶

緩和ケアとは「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」のことです。
当院の緩和ケア病棟では、できる限り患者さんやそのご家族のご希望に沿いながら、苦痛を和らげることを様々な職種で検討しています。
緩和ケア病棟に入るともう最期まで出られないとよく誤解され敬遠されますが、体の状態やご自宅の環境が整えばまた帰っていただくことも可能です。
緩和ケア病棟での毎日を満足して過ごしていただけるよう、日々努力しております。
随時見学もしていただけますので、どうぞお気軽にお越しください。

 

緩和ケア病棟についてはこちら

 

医師の紹介

常勤医
緩和ケア外科医長 森 一郎
[経歴]

熊本大学医学部付属病院・国立病院機構熊本医療センター・小国公立病院・熊本中央病院・公立玉名中央病院・ガラシア病院

[専門領域]

緩和ケア

[所属学会、専門資格等]

大阪大学医学博士
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本緩和医療学会認定医
日本医師会認定産業医
日本呼吸器学会
日本肺癌学会
日本総合医療学会

 

顧問 小坂井 嘉夫
[経歴]

京都府立医科大学卒業、大阪大学第一外科入局、国立療養所近畿中央病院、桜橋渡辺病院、国立循環器病センター・心臓血管外科医長、宝塚市立病院・院長、千里中央病院・副院長・顧問

[専門領域]

緩和ケア
心臓血管外科

[所属学会、専門資格等]

循環器専門医
日本緩和医療学会
日本胸部外科学会・特別会員
日本心臓血管外科学会・特別会員
日本不整脈心電学会・名誉会員

 

このページの上へ