患者さんへ

診療科のご案内

ひ尿器科

診療内容・特色

泌尿器科とは男女の尿路と男性の生殖器を診る外科系の診療科です。具体的には腎臓尿管膀胱尿道などの尿路系、副腎等の内分泌系、陰嚢内臓器(睾丸・副睾丸・精索)・陰茎前立腺などの男性生殖器系に起こる様々な病気が診療対象になります。たとえば尿路性器感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎など)、尿路結石症(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、更には悪性腫瘍(腎臓癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌など)や、排尿の異常に関するものでは、前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁などがあります。これらの病気をお薬で治したり、手術で治したりします。

 

このページの上へ

専門的治療

  • 尿路結石

結石治療は主にESWL(体外衝撃波尿路結石砕石治療器)で行います。ESWLで破砕困難な場合はTUL(経尿道的尿管結石破砕術)を併用します。

 

  • 前立腺肥大症

排尿状態を評価し、内服治療・手術を行っています。尿閉(尿が出なくなって下腹部が張り、チョロチョロ漏れる状態)の場合を除き最初はお薬での治療を行います。重度の排尿障害を認める場合はTUR-P(経尿道的前立腺切除術)などの手術を行います。

 

  • 前立腺癌

前立腺癌は近年、増加傾向にあります。しかし、血液中のPSA(前立腺特異抗原:前立腺癌の腫瘍マーカー)を採血することにより早期に発見が可能です。PSAが高値な場合は前立腺生検を行い、病理組織学的な確認をすることが不可欠です。前立腺癌と診断された場合は、全身状態や年齢、そして癌の悪性度や進行度に合わせた治療法をご相談し選択します。(放射線治療、ロボット支援前立腺全的術などは適切な施設へ紹介)

このページの上へ

 

診療体制

 

休診のお知らせ等は外来診療表で確認をお願いいたします。
                 ⇒ 外来診療表 【休診情報】 
 

 

 

 

 

   

医師の紹介

泌尿器科診療部長 梶川 次郎
[経歴]

大阪大学医学部附属病院・大阪労災病院・東大阪市立中央病院・大阪厚生年金病院
市立堺病院

[専門領域]

泌尿器科一般

[所属学会、専門資格等]

日本泌尿器学会専門医