患者さんへ

診療科のご案内

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

 当院では、地域の中核病院として、様々な障害をもった人々に対し、運動機能や呼吸機能・摂食嚥下機能・排泄機能・精神機能・認知機能などの維持、改善、再獲得を支援しています。そのために、早期から、理学療法士(起き上がる/座る/立つ/歩く練習など)、作業療法士(食事やトイレ、着替えなどの身辺動作練習/仕事や趣味に必要な応用動作練習)、言語聴覚士(覚醒促し/飲み込み/話す練習)が関わっています。

今よりも良い状態に、したいこと・しなければいけないことが行えるように取り組んでいます。

 

このページの上へ

リハビリテーションの対象について

※廃用症候群には、心大血管疾患、術後を含む

このページの上へ

術前リハビリテーション

 当院では、開胸、開腹術を受けられる患者さんに対して、安心して手術を受けていただき、早期より運動を行っていただくために、手術前から、手術前後の訓練内容の説明、呼吸訓練や離床訓練などのリハビリテーションを行っています。
このことにより、手術による術後合併症の予防や手術後のリハビリテーションの不安を少なくし手術に望んでいただけるようサポートしています。

 

スタッフ

 理学療法士 6名

 作業療法士 1名

 言語聴覚士 1名

このページの上へ

リハビリテーション科実績 

所属士会・研究会

 公益社団法人 日本理学療法士協会

 公益社団法人 兵庫県理学療法士会

 一般社団法人 日本作業療法士協会

 一般社団法人 大阪府作業療法士会

 一般社団法人 日本言語聴覚士協会

 一般社団法人 兵庫県言語聴覚士会

 日本転倒予防学会

 日本心臓リハビリテーション学会

 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

 日本神経心理学会

 日本義肢装具学会

 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

資格

 神経専門理学療法士(日本理学療法士協会)

 生活環境支援専門理学療法士(日本理学療法士協会)

 転倒予防指導士(日本転倒予防学会)

 3学会合同呼吸療法認定士(日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会)

 地域包括ケア会議推進リーダー(日本理学療法・作業療法・言語聴覚士協会)

 介護予防推進リーダー(日本理学療法・作業療法・言語聴覚士協会)

 

地域活動

 糖尿病教室

 認知機能検査

 

このページの上へ

フレッシュコメディカル