患者さんへ

部門のご案内

臨床工学技士室

業務内容

臨床工学技士とは、医療機器の進歩に伴い、医学的、工学的な知識を持つ専門職が必要となったためにできた医療職種です。主な業務は、医療機器の保守・点検・操作を通じて様々な診療科の治療に携わることです。また、院内で医療従事者を対象とした医療機器に関する研修も行っています。

血液浄化業務

持続緩徐式血液濾過療法や、吸着式血液浄化法、血球成分除去療法、血漿交換療法、選択的吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法などの臨床業務を行っています。また、平成26年度より造血幹細胞採取などの特殊な血球採取を始めています。

心臓カテーテル検査業務

心臓カテーテル検査時のポリグラフ操作や、心臓電気生理検査、経皮的冠動脈形成術時の血管内超音波検査装置の操作、除細動器の保守点検などを行っています。

ペースメーカ関連業務

ペースメーカ植え込み時の設定や調整、その後の外来でのペースメーカ機能チェックなどを行っています。

医療機器保守管理業務

輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器などの医療機器の中央管理を行い、定期的に点検を実施しています。病棟で人工呼吸器の使用時には、病室を訪問してチェックを行い、医療事故の防止に努めています。また、院内の医療機器が故障した際の迅速な修理対応を行っています。