患者さんへ

部門のご案内

臨床検査科

業務内容

臨床検査科は、病気の診断・治療・経過観察に必要不可欠な臨床検査の業務を行なっています。臨床検査は、患者さんの身体から採り出された尿、血液、喀痰、便などを検査する「検体検査」と患者さんの身体から出てくる信号で心臓の働き、血管の状態などを評価する「生理機能検査」の2つに大別されます。迅速で正確な検査データを提供し医療サービスの維持・向上に努めます。また、糖尿病療養指導士として糖尿病教室に参加したり、NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染制御チーム)などに参画し、情報提供を積極的に行い、チーム医療の一員としての役割を果たしています。

部門と検査の概要

臨床検査科は、検体検査は7部門と生理機能検査に分かれています。

検体集積室

検体検査室の窓口です。患者さんから採血した検体が届くと、ただちに受付け、検体処理を行ない各検査へとまわしています。さらに検査データの確認・登録を行い正確かつ迅速に検査結果を診療の場へかえしています。

一般検査

主に尿検査と便検査を行なっています。尿検査は、尿中の白血球・赤血球・蛋白・糖・細菌・細胞成分などを自動分析装置や顕微鏡で調べ、腎機能障害・糖尿病・尿路感染症の診断の一助となっています。また妊娠反応も調べています。便検査では虫卵や便潜血(大腸癌などの早期発見)を調べます。その他、髄液・胸水・腹水・関節液・精液など、体液の検査も行なっています。

血液・止血検査

血球計数検査・血液形態検査・止血検査を行なっています。血球計数検査は、自動分析装置で、血液中の赤血球数・白血球数・血小板数・ヘモグロビンなどを測定し、貧血・炎症を知る手がかりを提供します。さらに、血球の形態を顕微鏡で観察し白血病等の診断に役立てます。止血検査は、血液の固まりやすさを調べます。

輸血検査

血液型や輸血前に必要な検査を24時間体制で行なっています。安全な輸血療法を行なう為に、血液型・不規則性抗体検査を行い、血液製剤の発注から出庫までを一元管理しています。自己血の保管・管理も行なっています。さらに、輸血に関するあらゆる情報提供を行い輸血療法委員会が中心となり、研修会等の開催を行なっています。

生化学・免疫・血清検査

肝機能・脂質代謝・腎機能・膵機能・甲状腺機能・血糖・炎症反応・感染症・腫瘍マーカーなどの検査を行なっています。生化学検査として、様々な自動分析装置で、コレステロール・血糖・ヘモグロビンA1c等を測定し、高脂血症、糖尿、肝臓・腎臓・膵臓等の機能障害を調べます。

さらに、免疫血清検査として肝炎ウイルス・梅毒などの感染症、リウマチ、各種の腫瘍マーカー(前立腺・大腸・子宮等)、血中薬物濃度・甲状腺機能の検査を行なっています。患者さんの待ち時間を少しでも減らせるように迅速かつ正確で精度の高い検査を目指しています。

細菌検査

病気の原因になっている微生物を調べ、どの抗菌薬が有効か検査しています。患者さんから採取した尿や便、喀痰などの検体から感染症の原因菌、食中毒菌、結核菌等を調べ、それぞれの細菌の治療薬の検索を行ない、治療に役立てています。さらに、インフルエンザウイルス・ロタウイルス・マイコプラズマ・アデノウイルス・溶連菌などの迅速検査を行なう事で、早期の感染症治療を可能にしています。また、感染対策チーム、(ICT)、院内感染対策委員会(ICC)において、ラウンド・研修会開催等を実施して、院内感染防止に努めています。

    

病理検査

病理組織検査と細胞診検査を行なっています。病理組織検査は、内視鏡で採取された組織や手術で切除された組織を顕微鏡で調べ、どんな疾患であるか、また、その細胞が良性であるか悪性であるかなど検査します。所要日数は、内視鏡で採取されたような小さい組織は、4~7日、手術で摘出されたような組織は、8~12日です。診断の過程で免疫組織学的検査などの追加検査が必要な場合は、最終診断が遅れる場合があります。細胞診検査は、喀痰、婦人科材料、尿、分泌物などに含まれている細胞を顕微鏡で調べ、良性であるか、悪性であるかを検査します。専門の細胞検査士の資格を有する臨床検査技師が検査したのち、細胞診指導医である病理医が確認・診断します。所要日数は3~6日です。また、手術中に採取された病変組織から腫瘍が良性か悪性か、リンパ節に転移していないかを20分程度で診断をする術中迅速病理診断を行っています。

  

生理機能検査

種々の測定装置を使用して人体から出る電気信号などを調べ、身体機能の測定・定量を行ないます。
循環機能検査(心電図、負荷心電図、ホルター心電図など)、呼吸機能検査(スパイロメーターによる肺機能検査)、認定超音波検査士による画像検査(腹部、心臓、頚動脈、などの超音波検査)の他に、脳機能を調べる脳波検査や、動脈硬化、四肢動脈の狭窄、閉塞を調べるABI検査を行なっています。外来、病棟などに出向いての検査も、随時行なっています。どんな時も、検査を受けられる患者さんの不安や緊張を少しでも和らげるよう心がけています。また、耳鼻科における聴力検査も行なっています。

    

スタッフ

名前
(ふりがな)
役職 所属学会 資格・認定等
森 勝志
(もり かつし)
技師長 日本臨床衛生検査学会
日本超音波検査学会
日本超音波医学学会認定
循環器超音波検査士
森本 良子
(もりもと よしこ)
副技師長 日本臨床衛生検査学会  
佐々木 菜津乃
(ささき なつの)
技師 日本臨床衛生検査学会  

川口 まゆ美

(かわぐち まゆみ)

技師 兵庫県臨床検査技師会
日本超音波検査学会
 

小西 明日香

(こにし あすか)

技師 日本臨床衛生検査学会  
佐々木 知恵
(ささき ちえ)
技師 日本臨床衛生検査学会
兵庫県臨床検査技師会
 

中井 順子

(なかい じゅんこ)

技師

日本臨床衛生検査学会

日本臨床細胞学会

大阪府臨床細胞学会

兵庫県臨床細胞学会

細胞検査士

有機溶剤作業主任者

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

杉浦 琴美

(すぎうら ことみ)

技師 日本超音波検査学会  

金森 幸代

(かなもり ゆきよ)

技師

兵庫県臨床検査技師会

 

三原 啓子

(みはら けいこ)

技師

兵庫県臨床検査技師会

 

角井 琴美

(つのい ことみ)

技師    

小寺 祐香

(こでら ゆか)

技師    

村上 結香

(むらかみ ゆか)

技師    

金延 真由

(かねのぶ まゆ)

技師    

フレッシュコメディカル