患者さんへ

部門のご案内

褥瘡対策チーム

特色

褥瘡(床ずれ)とは、ベッド上で寝ている時間が長くなると骨突出部位に圧迫や摩擦、ずれなどから局所の皮膚が障害される状態となります。 褥瘡を発生させない、また発生した場合には早期発見と予防・早期治療をすすめていくために、当院では医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、皮膚・排泄ケア認定看護師による他職種で構成されたチームで活動しています。

活動内容

  • 褥瘡回診
    褥瘡が発生した患者さんに対し、1週間に1回局所治療や予防対策について、チームでディスカッションしています。
  • 褥瘡カンファレンス
    各部署で、褥瘡発生の危険性が高い患者さんに対して、個々の対象者に応じた重点的な予防対策を検討しています。