患者さんへ

部門のご案内

ICT(感染対策チーム)

院内感染防止活動

感染対策室のご紹介

当院をご利用の全ての皆さまと、働く仲間の感染防御を担う病院長直轄のICT(感染対策実働チーム)の実務室です。ICTは、専従のICN(感染管理認定看護師)・専任のICD(感染管理認定医師)・薬剤師・検査技師等、各部署の感染管理担当責任者が構成メンバーとなっています。

 

活動内容

  • 毎月、院内各部門の責任者をメンバーとする感染対策委員会を開催し、地域、院内における感染症の発生状況、各種サーベイランス、院内検出病原体、抗菌剤使用状況、感染症に関する法令等についての情報を共有・協議しています。
  • ICTラウンドにより、現場の感染管理状況の監視、指導を行う他、毎月ICT部会を開催し、日々の感染対策について検討を重ねています。
  • 院内では各種サーベイランス(医療器具関連、耐性菌、抗菌薬、手指衛生剤、針刺し・切創等に関する)を実施し、対策の改善に向け働きかけています。
  • 医師、看護師、医療技術部門、事務部門への感染管理教育、セミナーを開催しています。
  • 職業感染防止対策として「針刺し・切創防止対策」「ワクチンプログラム」及び各種抗体検査について、院内啓発活動及び実施を行っています。
  • 国が推し進める「耐性菌を減らす」ための抗菌薬適切使用支援活動では、地域の他施設と連携し、近隣地域における耐性菌の発生状況や抗菌薬の使用状況の情報を共有しています。