患者さんへ

 当院の救急外来について

当院では、事故等によるケガや体調が急変悪化した患者(いわゆる救急患者)様を受け入れるために救急外来を夜間・休日に開いております。
当院の救急医療は、地域の医療機関(診療所・病院)と連携・役割分担を図りながら、手術・検査や緊急入院などを必要とする比較的症状の重い患者様(二次救急)を中心に救急医療を行っています。
二次救急医療を円滑に行えるように、日頃から軽症の場合などすぐに診察してもらえたり、相談が出来る近所の診療所といった「かかりつけ医」を持たれるように皆様のご理解とご協力をお願いします。

救急外来では

1.重症度を優先して診療を行っています。

重症患者様を治療中の場合や入院中の患者様の緊急治療中の場合などには、診察までの待ち時間が長くなることがあります。

2.夜間・休日では、緊急的な検査のみとなります。

夜間・休日では、平日と同様の診察を受けられないことがありますので、何日も前から症状が出ている場合は、必ず平日の外来診察時間内に受診してください。

3.お薬は、1日分のみの処方です。

夜間・休日の処方は、応急処置のため原則として1日分(翌平日まで)の薬しか出ません。

4.患者様の状況によっては、専門病院をご紹介させていただく場合があります。
5.休日・夜間の診断結果はさらに専門医の確認を要しますので、後日、平日の診療を必ず受診ください。 

 

救急外来受診に必要なもの

救急外来にかかられる時には、事前にご連絡ください。
(代表電話 072-794-2321)


受診時には次のものをご持参ください。
・保険証(公費、福祉医療費受給者証をお持ちの方は併せてご持参ください)
・診察券(持っている方のみ)
・お薬手帳または現在服用中のお薬の名前がわかるもの