地域の先生方へ

地域の皆様へ

受診について

「かかりつけ医」をご存知ですか?

風邪や病気になったときに診てもらう、決まった先生はいらっしゃいますか?
「かかりつけ医」とは、自分や家族の健康状態を把握してくれる身近な診療所の先生のことです。

「かかりつけ医」をもてば、どの病院の何科を受診すればいいのかという悩みがなくなります。いつも同じ医師に診てもらっていれば、これまでかかった病気や自分の体質などを踏まえて、適切な診療をしてもらえます。

「かかりつけ医」を受診すると

診療所にはない高度な検査が必要になった時や、入院が必要になったときでも、「かかりつけ医」が、適切な病院を紹介してくれます。また、紹介状を書いてくれるので、紹介先の病院での二重の検査・投薬を防ぐことができます。

外来受診の流れ

患者さんが「かかりつけ医」を受診し、より高度な治療を要すると診療所の先生が判断した時は、「かかりつけ医」の先生から当院の地域医療連携室に予約の依頼をFAXでしていただきます。地域医療連携室では、予約をお取りして、予約票をFAXで返信させていただきます。

診察当日は、少ない待ち時間で優先的に診察させていただきます。
検査の場合は、担当者が案内させていただき、検査の結果は、「かかりつけ医」の先生のところにお送りいたします。

「かかりつけ医」をもつことでより安心に

「かかりつけ医」をもつことによって、他の医師にかかることができなくなったり、入院がしにくくなるという心配はありません。

当院におきましても、「かかりつけ医」からの紹介で、よりスムーズに受診することができ、症状が安定すればまた「かかりつけ医」の先生に再紹介させていただきます。また、地域の医療機関全体で連携し、継続性のある医療を提供しております。

医療総合相談について

入院・通院が必要となったとき患者さん・ご家族は、病状はもちろんのこと、看護・介護を含めた生活全般への不安や戸惑いなど、多くの心配事を抱えられることでしょう。そのような心配事や何らかの支援を必要とされている患者さん・ご家族の相談に応じるスタッフ(医療総合相談担当者)を、地域医療連携室に配置しています。

医療総合相談担当者の相談・支援の流れ
  1. 入院された患者さんには、主治医・担当看護師が中心になって対応をさせていただきます。入院期間中、主治医・担当看護師は、患者さん・ご家族に退院に向けての心配事や何らかの支援が必要な状況であるかなどをお伺いします。
    外来通院中の患者さんには、各外来の担当科医師・看護師が対応させていただきます。外来受診時、心配事や何らかの支援が必要な状況であれば、患者さん・ご家族から担当科医師・看護師にご相談ください。
  2. 相談を伺った医師・看護師は、患者さん・ご家族の心配事や必要とする支援内容などにより、地域医療連携室の医療総合相談担当者と連携をとります。
  3. 医療総合相談担当者は、患者さん・ご家族と面談をさせていただき、心配事の内容やご希望により、情報提供(どのような医療・介護・福祉サービス利用が可能か、在宅療養環境の整え方、他病院・施設などの紹介など)を行いながら、ご相談にあたらせていただきます。
  4. 医療総合相談担当者は、面談内容により主治医・担当看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・管理栄養士などと連携をもち、治療経過や今後の治療計画上可能な支援を検討します。
    また、内容・状況に応じて、地域の関係機関(かかりつけ医・ケアマネジャー・訪問看護師・行政機関担当者など)や、他病院・施設などとの連携もとります。
  5. 医療総合相談担当者は、あらかじめ伺っていたご希望と検討させていただいた支援内容を含めて、主治医から治療経過や今後の治療計画などについて患者さん・ご家族へ説明させていただく場をもうけ、患者さん・ご家族が今後の方向性を決定できるよう支援させていただきます。
在宅療養ご希望の場合

決定した内容をもとに、必要に応じて、患者さん・ご家族と、主治医・担当看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・管理栄養士、地域の関係機関(かかりつけ医・ケアマネジャー・訪問看護師・行政機関担当者など)、医療総合相談担当者が集まり、今後の在宅療養にむけての話し合いができる機会をもうけます。

ご入院中の場合は、その話し合い内容に沿って、主治医・担当看護師を中心に退院に向けて計画的な治療・看護をさせていただきます。
また、継続性のある医療・看護・介護となるよう必要な書類を準備し、利用される関係機関との連携をとらせていただきます。

転院・施設入所ご希望の場合

決定した内容をもとに、希望された他病院・施設などへの申し込み、必要な書類などの準備、移動手段の確認など、転院・施設入所にいたるまでの連絡・調整の窓口になり、患者さん・ご家族へご説明させていただきます。
また、転院・施設入所にあたり、継続性のある医療・看護・介護となるよう必要な書類を準備し、ご利用される他病院・施設などとの連携をとらせていただきます。

医療総合相談担当者の受付時間

午前9時~午後16時45分(土・日・祝祭日を除く)

2名で対応しておりますが、ご面談や支援上の話し合いを計画的に実施しておりますので、せっかく来院いただいても、お時間をおとりできない場合があります。ご相談のための来院される場合は、事前にお電話などでお問い合わせ下さい。

連絡先
電話 :072-794-2321(代表)
FAX

:072-794-3301(専用) 

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオン外来のご案内

セカンドオピニオンとは、患者様が自らの治療に対し最良の方法を選択するための参考意見を得るために、主治医(かかりつけ医)以外の医師の意見を聞くことです。

セカンドオピニオンは当院の医師による意見を示すものであり、主治医の診断や治療方法について裁定するものではありません。ご相談の結果は、担当医師から主治医へお伝えしますので、相談結果を参考に、患者様・ご家族が最終判断をして主治医に伝え治療を進めてください。

現在受診中の医療機関から、診療情報提供書や検査結果、レントゲンフィルムなどの資料を提供いただける方が対象となります。必要な資料の提供がない場合、セカンドオピニオン外来での相談をお断りする場合がありますので、ご了承ください。

<相談内容>

〇現在の治療に不安を感じる                                                                    〇病状や治療経過の説明に納得できない                                                              〇治療方法に同意を求められているが今一つ決心がつかない                                                〇外科的治療か内科的治療かで迷っている                                                              〇主治医の説明に納得しているが、他の専門医に再確認したい

<受けられない相談>

×医療事故や訴訟に関すること                                                                     ×主治医から診療情報提供が受けられない                                                                  ×当院の専門外

<相談対象者>

原則として患者様本人となりますが、「セカンドオピニオン外来代理受診同意書」(別紙2)と身分を証明するもの(健康保険証、運転免許証など)を持参していただくことで、ご家族の方も相談いただけます。

<対象診療科>

内科・外科

<必要書類>

◇予約受付票                                                                             ◇診療情報提供書と検査データ、画像データ等の資料(事前に郵送または持参されたもの以外で追加情報、資料が        ある場合)                                                                                   ◇患者様本人が確認できる書類                                                                    ◇代理受診の場合、セカンドオピニオン外来代理受診同意書と身分を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)

<料金・時間>

セカンドオピニオン外来は保険適用がありませんので、全額自費となります。                                        10,800円/30分間。以降30分毎に5,400円加算し、原則1時間まで。(消費税込)

 

<セカンドオピニオン外来  予約から相談までの流れ>

1. 患者様、またはご家族(相談者)

↓  現在おかかりの医療機関に、本院でのセカンドオピニオン外来を受診希望のことをお申し出ください。

2. 現在おかかりの医療機関(紹介元医療機関)

↓  セカンドオピニオン外来申込書(別紙1)と診療情報提供書を地域医療連携室にFAXいただいた上で、      ↓  同意書(家族のみの相談の場合)、診療情報提供書(原本)に、放射線検査画像(CD-R)・内視鏡検査     ↓  結果(画像写真も)・超音波検査結果・血液検査結果・生理検査結果・病理検査結果等の資料を添え      ↓  て、地域医療連携室宛てに郵送いただくか、直接持参いただきます。

3. 地域医療連携室

↓  セカンドオピニオン外来申込書、診療情報提供書ほか資料を担当診療科で検討した上で、             ↓  担当医・日時を決定し予約受付票を紹介元医療機関にFAX送信します。

4. 紹介元医療機関

     ↓  予約受付票を相談者にお渡しいただきます。 

5. 患者様・ご家族(相談者)

↓  予約当日、予約時間の10分前までに1階正面受付3番「初診受付窓口」へ予約受付票を                             ↓  提示してください。 

6. セカンドオピニオン外来受診

  相談終了後、担当医は紹介元医療機関の主治医に相談結果、報告書を作成し送付します。

 

〇セカンドオピニオン外来申込書と診療情報提供書をFAXいただいた後に、資料が届けられてからの日程調整になりますので、即日の予約受付対応はできません。

〇事前に届けられた資料のほかに追加情報等がありましたら、受診当日にご持参ください。追加情報がなければ、受診当日は診療情報提供書など資料の持参は不要です。

〇患者様が直接予約されたい場合は、当院地域医療連携室に電話にてお問い合わせください。その場合も、申し込みをされる時には診療情報提供書ほか検査資料類が必要です。

 

<お申し込み・お問い合わせ先>

市立川西病院 地域医療連携室

〒666-0195 川西市東畦野5-21-1                                                                TEL 072-794-2321(代表)     FAX 072-794-3301                           

他院セカンドオピニオン外来への相談について

市立川西病院では、患者様が自らの治療に対して最良の方法を選択するための参考意見を得るために、主治医(かかりつけ医)以外の医師の意見を聞こうとすることを妨げることはありません。
患者様のご家族が主治医から病状や治療方法について説明を受けても、「納得がいかない」「治療方法に同意する決心がつかない」ということがあると思います。
主治医以外の医師の意見を聞くことで最良の方法を選択できる一助になればと思います。
他院のセカンドオピニオンを受けていただくためには、それぞれの病院が提示している書類の準備や予約が必要となります。主治医に相談いただきましたら、地域医療連携室にて説明をいたします。セカンドオピニオンの予約については、それぞれの病院によって対応が異なりますので、予約がとれる場合は対応いたします。


【他院へのセカンドオピニオン相談の流れ】 

1. 患者様・ご家族(相談者)

     ↓  他院でのセカンドオピニオン希望の旨を伝える

2. 主治医

     ↓  診療情報提供書作成、検査データやレントゲンフィルム、CD-Rなどを準備

3. 地域医療連携室

        ・希望病院のセカンドオピニオン申し込み方法に沿って、説明・予約対応いたします。  
         *病院によっては、相談者自身に申し込み対応を依頼する病院もあります。
        ・相談費用や代理受診同意書などの書類について患者様ご家族に説明いたします。
         ・診療科に必要な書類、資料等が整えられ、相談者にお渡しできているかの確認を致します。 
         *主治医へ直接セカンドオピニオンの依頼をし難い場合や、セカンドオピニオンについて迷っている  
             場合、地域医療連携室にご相談いただくことができます。相談者のご意向に添って対応いたします。