平成27年度 市立川西病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 372 117 60 110 223 278 765 1187 1055 256
幅広い年齢層の患者を対象としていますが、60歳以後の患者の割合が約7割を占め、地域社会の高齢化を反映していることが分かります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患【心臓カテーテル法による諸検査を伴うもの】 77 3.16 3.07 1.33 74.05
050130xx99000x 心不全【特別な手術、処置を伴わないもの】 59 27.58 18.30 12.07 84.36
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患【冠動脈形成(心臓カテーテル治療)などを伴うもの】 36 5.11 4.87 0.00 73.17
心臓疾患の患者を主に担当している循環器内科では、狭心症診断を行うための心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈ステント留置術を受けておられる患者が上位を占めています。心不全の患者は高齢で多疾患を有しているので、全国平均在院日数より少し長くなっている傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患【特別な手術、処置を伴わないもの】 54 10.74 7.91 0.00 67.28
060035xx97x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍【特別な手術以外の手術などを伴うもの】 53 4.09 11.58 0.00 71.94
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎【体外ドレナージ(排石、排液)などの実施を伴うもの】 40 18.55 10.93 0.00 76.75
消化器内科は、消化管と胆嚢・肝臓疾患の患者を対象としています。当院では、大腸にある憩室の炎症が原因である憩室炎の患者が多く、次いで結腸癌に対する内科的治療の患者を多く診療しています。また、胆管炎や胆嚢炎の患者に対して閉塞した胆管の胆汁などを十二指腸に逃がすために行う内視鏡的胆道ステント留置術などの治療も行っています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病ケトアシドーシスを除く。) 65 14.52 15.35 3.08 69.00
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - - - -
100210xxxxxxxx 低血糖 - - - - -
当院では、糖尿病の患者の約80%が2型糖尿病の患者です。糖尿病と初めて診断された患者や血糖コントロールが不良の患者を対象に、「糖尿病教育入院」を行っています。この入院期間に糖尿病についての教育、指導を行うとともに病態にあわせて食事療法、運動療法に加え薬物療法を行います。
入院期間は、2週間程度を基本として病状や患者のニーズに合わせて1週間の入院や週末入院(金曜に入院して頂き、日曜に退院)を行っています。
10症例に満たない場合は、「-」で表示することとなっており、対照患者が「0」というわけではありません。
一般内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)【特別な手術、処置を伴わないもの】 203 16.52 14.34 7.88 73.62
030400xx99xxxx 前庭機能障害【特別な手術、処置を伴わないもの】 74 5.92 5.31 0.00 71.84
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎【特別な手術、処置を伴わないもの】 53 26.70 21.69 22.64 83.47
一般内科では、内科的疾患の全般を担っています。肺炎や誤嚥性肺炎が多く、平均年齢も73.6歳から83.5歳と高齢の患者の治療を行っておりますが、全国平均在院日数とほぼ同じ期間での退院となっています。また、耳鼻咽喉科での入院はありませんが、めまいの患者を一般内科として対応を行い、耳鼻咽喉科外来と連携をとって診療にあたっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)【腹腔鏡下胆嚢摘出術などを伴うもの】 27 7.33 6.96 0.00 61.96
060150xx03xx0x 虫垂炎【腹腔鏡下虫垂切除術などを伴うもの】 23 6.26 5.56 0.00 30.22
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍【特別な手術、処置を伴わないもの】 23 4.70 9.40 4.35 60.13
当院の外科は、消化器外科として主に診療を行っており、6割以上の患者に対して腹腔鏡下での手術を施行しています。
対象としては、胆嚢炎や虫垂炎などが多く緊急手術にも対応しています。当院は、がん連携拠点病院に準ずる病院として認定を受けており、胃癌・大腸癌・乳癌など悪性腫瘍に対する手術も対応しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折【人工骨頭を挿入するもの・骨折観血的手術などを伴うもの】 52 39.67 28.70 71.15 84.12
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)【特別な手術、処置を伴わないもの】 31 25.97 21.52 25.81 80.26
160760xx97xx0x 前腕の骨折【骨折観血的手術などを伴うもの】 25 6.08 5.70 0.00 67.44
当院では、平成27年5月から整形外科入院が再開となり、股関節や大腿骨に対する手術が可能となりました。平均年齢は84.1歳と高齢者が多いことがわかりますが、手術後に安定された患者は回復期リハビリテーションを主とする他施設と連携をとり早期にリハビリテーションを行う体制を整えています。
また、加齢などにより骨密度が減少し、骨同士がぶつかりあうことで椎体がつぶれる事などでおこる圧迫骨折の患者も多く対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)【特別な手術、処置を伴わないもの】 152 6.06 5.72 0.00 4.13
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎【特別な手術、処置を伴わないもの】 66 4.91 5.50 1.52 3.26
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎【特別な手術、処置を伴わないもの】 41 6.00 5.54 4.88 2.56
肺炎に罹患されている患者の中でもマイコプラズマ肺炎と急性気管支炎の患者が全体の4割を占めています。
ウイルス性腸炎では、ロタウイルス性・ノロウイルス性腸炎の患者となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍【腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術などを伴うもの】 13 13.62 6.50 0.00 55.08
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍【子宮筋腫摘出術などを伴うもの】 10 13.00 10.18 0.00 47.90
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍【子宮悪性腫瘍手術などを伴うもの】 - - - - -
良性疾患である卵巣のう腫や子宮筋腫などの症例では腹腔鏡下での手術が増えています。
10症例に満たない場合は、「-」で表示することとなっており、対象者が「0」というわけではありません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍【膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術を伴うもの】 35 8.89 7.59 0.00 71.23
11012xxx040x0x 上部尿路疾患【体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を伴うもの】 17 2.82 2.89 0.00 56.59
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患【特別な手術、処置を伴わないもの】 12 6.75 8.55 0.00 54.50
内視鏡を使用して、膀胱腫瘍を切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を対象とした患者を主に診療しています。尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を受けられる患者や前立腺肥大症の患者がおられます。尿管結石・前立腺肥大症などは平均年齢も50歳代で在院日数も全国平均とほぼ同じくらいで退院されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 - - - 19 16 1 7
大腸癌 37 16 11 11 16 47 2 8
乳癌 28 15 - - - 13 1 7
肺癌 - - - - - 20 1 7
肝癌 - - - - - 21 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10症例に満たない場合は、「-」で表示することとされていますので、全体比較が難しく感じますが、「0」というわけではありません。
再発には、他施設で治療された後、当院にて治療された患者を含み、繰り返し入院された場合はその回数を患者数としています。
病期分類の情報が全て確認できない場合は「不明」となります。
当院では、胃癌が最も多く、次いで大腸癌となっています。早期治療の症例が多いのが特徴です。
内視鏡センター・乳癌センターを開設しており、胃癌・大腸癌・乳癌の早期発見・治療に努めています。
2012年には「がん診療連携拠点病院に準ずる病院」として県から認定を受け、手術や化学療法の治療を積極的に行っています。
2013年には緩和ケア病棟を開設し、専従の医師、看護師および多職種で構成されたチームが中心となり、悪性疾患に関連する
「全人的な」ケアなどを行っています。それに伴い、他施設にて治療をされた患者の受け入れを行っていることもあり「再発」の症例が
多いのも特徴といえます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 34 11.56 56.15
重症度 1 72 16.76 79.00
重症度 2 41 18.76 85.98
重症度 3 10 21.20 83.80
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
20歳以上で病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎を対象にしており、ウイルス肺炎・誤嚥性肺炎は対象外です。
重症度分類で患者数が10症例未満の場合は「-」にて表示することとなっており、対象者が「0」というわけではありません。
重症度別の患者では、重症度1・2の患者が多いことがわかります。重症度1・2の年齢別としては、40代が0.88%、50代が2.65%、
60代が7.08%、70代が24.78%、80代が46.90%、90代以上が16.81%と約50%が80代の高齢の患者となっています。
重症の患者の場合は、高齢の患者が多く、平均在院日数が長くなることがありますが、抗菌薬の適正な選択を行い治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 17 19.0 76.76 52.94
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の患者が入院された時点で、発症から3日以内かその他かを示す指標ですが、患者数が10症例を満たない場合は
発症から3日以内とその他をあわせて表示することとし、それでも10症例に満たない場合は「-」で表示することになっています。
当院では、脳神経外科としての入院対応は行っておりませんが、脳神経外科外来と連携を行い、重症と判断された場合には、
連携病院に転院調整などを行い適切な診療が行える体制を整えております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 39 3.05 3.44 0.00 72.90
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 7.71 8.64 7.14 79.79
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
狭心症、心筋梗塞の患者への経皮的冠動脈ステント留置術を行い、急性期の心血管疾患への対応に努めています。
ペースメーカー移植術は、重篤な徐脈性不整脈(休止期の長い脈)が認められる患者が対象となっています。
高齢者が多いですが約1週間で退院されています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 335 0.46 1.19 0.30 70.33
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 44 6.41 20.05 4.55 74.36
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 23 0.96 7.35 0.00 72.09
当院では、内視鏡センターを開設し癌の早期発見に努めています。早期発見で、内視鏡的に癌を切除することで、侵襲的な治療を
最小限にし、治療後の早期回復を目指しています。また、胆管炎や胆嚢炎の患者に対し閉塞した胆管の胆汁を十二指腸に逃がす
ために行う内視鏡的胆道ステント留置術などの治療も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 66 0.00 1.00 0.00 68.74
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 55 1.25 3.16 0.00 71.58
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 1.98 7.94 1.92 71.88
当院では、内視鏡センターを開設し癌の早期発見に努めています。早期発見で内視鏡的に癌を切除することで、侵襲的な治療を
最小限にし、治療後の早期回復を目指しています。
外科的手術では、腹腔鏡下手術を主に施行しており、より侵襲性が低い術式をすることで、手術後の早期回復を目指しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 40 3.80 35.38 75.00 85.98
K0462 骨折観血的手術(前腕) 27 1.30 3.89 0.00 62.78
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 4.62 43.38 69.23 80.85
平成27年5月より整形外科病棟が再開となり、これまで対応が困難であった大腿骨骨折や股関節に対する手術も対応が
可能となりました。平均年齢が80歳代の患者ですが、手術後に安定された患者は回復期リハビリテーションを主とする他施設と
連携をとり早期にリハビリテーションを行う体制を整えています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 13 1.15 7.92 0.00 50.31
K877 子宮全摘術 11 1.09 11.00 0.00 48.91
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 10 1.00 6.80 0.00 58.50
良性疾患である卵巣のう腫や子宮筋腫などの症例を腹腔鏡下で手術を施行しています。
当院では、腹腔鏡下手術を主に施行しており、より侵襲性が低い術式をすることで、手術後の早期回復を目指しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 189 1.00 2.00 0.00 75.88
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術を主に行っています。片眼の患者では3~4日で退院されています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 35 1.20 6.69 0.00 71.23
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 17 0.29 1.53 0.00 56.59
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
平成27年4月より泌尿器科病棟が再開となり、これまで対応困難であった手術が対応可能となりました。
内視鏡を使用して、膀胱腫瘍を切除する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を対象とした患者を多く診療しています。
尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を受けられる患者や前立腺肥大症の患者がおられます。尿管結石・
前立腺肥大症などは平均年齢も50歳代で在院日数も全国平均とほぼ同じくらいで退院されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 17 0.38
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.27
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、肺炎や敗血症などに合併することが多い疾患です。DICそのもので入院された患者や
合併をおこされている患者は全体の患者の1割以下となっています。
敗血症や真菌感染症なども肺炎や尿路感染症などから合併することが多い疾患です。入院時すでに敗血症を発症されている患者や
入院後に発症された患者も1割以下となっています。
薬物性ショックによるアナフラキシーショックや手術後の感染を発症された患者が、手術・処置などの合併症に該当します。
手術・処置などの合併症はないよう努力をしておりますが、患者の要因などを含めて皆無にすることは出来ず、出血、感染、縫合不全
膿瘍形成などが認められる場合がありますが、発症時には早急に対応をするべく体制を整えています。
更新履歴
平成28年9月29日
平成27年度 病院情報の公表について