病院のご案内

平成27年度 病院情報の公表について

当院では、厚生労働省が示す病院情報の公表に関する指標に基づき、平成27年度の病院情報を公表します。
※当該病院情報公表においては、患者さまの敬称を略して「患者」としています。

集計対象

  • 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに退院された患者を対象としています。

集計対象外

ア)入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児
イ)臓器移植をされた患者
ウ)労災、公災保険、自賠責保険を使用する患者
エ)自費診療の患者
オ)治験に参加されている患者
カ)緩和ケア病棟に入院されたの患者
キ)高度先進医療の対象となっている患者

患者数

  • 同じ患者が複数回入院した場合は、それぞれの入院期間を患者数として数えます。
  • 対象項目で患者数が10未満の場合は「-」にて表示しています。

在院日数

  • 在院日数は、入院から退院までの日数とします。平成27年4月1日に入院し、平成27年4月2日に退院した患者の在院日数は2日となります。

転院率

  • 退院先が「他の病院・診療所への転院」の患者を対象とし、転院患者数/各項目の全退院数を転院率としています。

DPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination/Per-Diem Payment System)
入院料(※1)について

DPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination/Per-Diem Payment System)とは、「診断病名」・「治療行為」・「重症度」・「副傷病」の組み合わせにより、厚生労働省が定めた14桁の診断群分類に基づき医療費を計算する1日あたり定額報酬算定制度のことです。
従来の投薬・注射・検査など一つ一つの診療行為の費用(点数)を合計して計算する「出来高払い」方式とは異なり、DPC/PDPSでは、診断病名ごとに1日あたりの定額報酬が定められており、投薬・注射・検査などの診療行為はその費用(点数)に含まれる「包括評価払い」となります。ただし、手術や内視鏡などの専門的な治療やリハビリテーション等については従来どおり「出来高払い」となっています。
診断病名の選択については、国際的にWHO(世界保健機構)が規程しているICD(国際疾病分類)のルールに基づき行い、手術等、その他の要素についても法律に基づくルールが適用されています。

DPC/PDPSによる計算方法について

入院医療費=包括評価 × 在院日数 × 医療機関別係数(※2) + 出来高評価

※2)「医療機関別係数」とは、病院の機能に応じて定められる一定の係数です。この医療機関別係数により同じ診断病名・治療でも病院によって医療費の総額が異なる場合がありますのでご留意ください。

DPC/PDPS対象外の患者

  • 労災、公災保険、自賠責保険を使用する患者
  • 自費診療の場合や診断病名がDPC/PDPSに該当しない患者
  • 治験に参加されている患者
  • 緩和ケア病棟にご入院の患者
  • 高度先進医療の対象となっている患者
  • 入院後24時間以内に亡くなられた患者
  • 短期滞在手術等基本料3(※3)を算定している下記の患者

※3)入院5日以内に下記の検査・手術を施行している患者(一部対象外条件を除く)
終夜睡眠ポリグラフィー・小児食物アレルギー負荷検査・前立腺生検法・腋臭症手術
関節鏡下手根管開放手術・胸腔鏡下交感神経節切除術・水晶体再建術・乳腺腫瘍摘出術
経皮的シャント拡張術・下肢静脈瘤手術・鼠径ヘルニア手術・腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術・痔核手術・体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
子宮頸部(膣部)切除術・子宮鏡下子宮筋腫摘出術・ガンマナイフによる定位放射線治療