病院のご案内

ご挨拶

病院事業管理者ごあいさつ   

病院事業管理者 姫野 誠一

近年の医学・医療の進歩はめざましく、各科領域の悪性腫瘍(がん)に対する内視鏡治療や心臓・血管病変に対するカテーテルを用いた低侵襲治療、遺伝子レベルの研究成果による癌治療や免疫抑制剤等に関する創薬開発、さらには山中伸也教授のノーベル賞受賞ではずみのついた再生医療もあと一歩の状況で現実のものとなりつつあります。 一方、国民皆保険制度を基盤にした我が国の長寿社会は人類史上例をみない、世界に冠たる文化遺産と思っています。 このような長寿社会をより有意義なものにするためには健康寿命のさらなる延伸とともに、健全で活力ある若者の育成や少子化対策等によるバランスのとれた社会構成もぜひ必要でしょう。
これらのすべてを医療が担えるわけではありませんが、医療に求められる役割は決して少なくありません。 高齢化社会に対応する心・血管系医療や各種がんに対する内視鏡治療・ロボットアーム等低侵襲医療、緩和ケア医療、さらには認知症対応、周産期・小児医療、ワクチン・健診等の予防的医療まで、最近では医療内容と医療施設の分化・特化が急速に進みつつあります。

当院は市立病院としてあくまで市民や周辺住民の方々を対象とした急性期医療を担うべきものと考え、また早期発見、早期治療を第一義に市民および近隣地域の皆さま方の健康を守る砦として安全・安心で良質な医療の提供をめざしてまいりました。 そのためには地域の開業医の先生方や療養型病院・老健施設等と密接な連携のもとに地域完結型医療を目標とし、医療スタッフや機器の充実による医療機能の向上に努めてまいりました。しかし病状によってはより高度の医療や、当院にない専門領域の医療が必要な場合には大学病院等へご紹介し、また病状が安定しつつもなお入院医療が必要な場合は患者さんのためにもより適切な慢性期の療養型病院をご紹介させていただきます。

私たち当院の医師・看護師をはじめすべての医療職は市民および周辺地域の皆さまの健康と医療を守るため日々の研鑚を心がけておりますが、さらに信頼され、親しまれ、選ばれる川西病院をめざして、今後ともなお一層の努力をかたむけてまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。